人生に、もふもふを。

火事の家から助け出された子猫達。安全な家の中で寄り添い合って、お互いに愛情を注ぎ続ける

0

5月18日、ノースカロライナにある保護施設に1本の電話が入りました。治療とケアが必要な5匹の子猫を助けて欲しいというのです。

見つめる子猫出典:AlleyCatsandAngels

子猫達は火事の家から助け出されました。

「現場に駆けつけた消防士の1人が子猫達を見つけました。一番年上の子猫はとても人間慣れしていて、消防士の方へと向かってきました」と保護施設のスタッフのティアさんは言いました。

保護された5匹のうちの3匹は、生後3日ほどしか経っていなかったそうです。

助け出された子猫達出典:AlleyCatsandAngels

子猫達はみんな元気がありませんでしたが、消防士達に処置してもらうと、大きな声で鳴き始めたそうです。

救出された子猫出典:AlleyCatsandAngels

子猫達の話を聞いたティアさんは、つきっきりの看護が必要だと感じました。そこで経験豊富な養育主さんに連絡をして、5匹の子猫を育てられるかを聞いてみました。幸いなことに養育主さんは子猫達の世話を快く受け入れてくれたそうです。

酸素を吸う子猫出典:AlleyCatsandAngels

その後、ティアさんが現場に向かうと、子猫達はタオルを敷いた容器の中に集められていました。「一番年上の男の子は、他の子猫達を温めていました。私はすぐに動物病院に子猫達を連れて行き、診察と治療をしてもらいました。」

獣医さんは幼い3匹の子猫が3日齢で、中くらいの子猫は約10〜12日齢、そして一番年上の子猫は約5週齢と推測しました。一番年上の子猫は重度の感染症を患っていて、失明の危機に瀕していたそうです。

丸くなる子猫出典:AlleyCatsandAngels

その日の夜遅くに動物病院での治療が終わり、ティアさんは養育主さんの家に子猫達を連れて行きました。そこで病気の子猫達と健康な子猫達は切り離されて、別々の部屋で育てられることになりました。

ミルクを飲む子猫出典:AlleyCatsandAngels

「幼い3匹の子猫は、数日間は順調に育っていました。でも3匹のうちの2匹は突然体調を崩し、不安定な状態に陥りました。そして、養育主さんの懸命な看護にも関わらず、命を落としました。」

残りの3匹の子猫は何とか元気を取り戻し、ご飯をたくさん食べるようになりました。3匹は一緒に遊ぶのが大好きで、いつも寄り添いながらお互いに愛情を注ぎ合っているそうです。

子猫たち出典:AlleyCatsandAngels

『エクスプローディング・ナップ』と名づけられた中くらいの子猫は現在3週齢で、とてもイタズラ好きに成長しました。

仲良しな子猫出典:AlleyCatsandAngels

そして、一番幼い子猫は『ウィザード・チェス』と名づけられました。12日齢になったウィザード・チェスは、少しずつ目が開き始めているそうです。

小さな子猫出典:AlleyCatsandAngels

また、『クイディッチ』と名づけられた一番年上の子猫は、無事に重度の感染症から回復しました。クイディッチはとっても人間好きで、いつも養育主さんに愛情いっぱいにキスをしているそうです。

ハグする子猫出典:AlleyCatsandAngels

3匹は現在、優しい養育主さんの元ですくすくと成長しています。ティアさんはこれから火事の家の所有者に連絡をして、子猫達を育てることができるかを確認しようと思っているそうです。

可愛い子猫達出典:AlleyCatsandAngels

こうして火事の中から救出された子猫達は、お互いに愛情を注ぎ合い、辛い時期を乗り越えてきました。子猫達の人生の始まりはとても大変でしたが、今はたくさんの愛情を注がれながら、日に日に大きく成長しているそうです。
出典:AlleyCatsandAngelslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう