人生に、もふもふを。

駐車場を逃げ回り、物陰から出てこなくなった子猫。優しい女性の愛情に触れると、その行動に大きな変化が (*´ェ`*)

0

今から1年前のこと、ある会社の駐車場を走り回る1匹の子猫が見つかりました。子猫はとても人間を恐れていて、一生懸命に物陰に隠れようとしていました。

隠れる子猫出典:mayday_kitten

ある朝、従業員のリサさんが駐車場を歩いていると、電気制御ボックスから聞こえてくる何かの音に気づきました。

「私はたくさんの建物が立ち並ぶ大きな施設で働いていましたが、外に出るとすぐに大きな鳴き声のようなものが聞こえてきました。そしてその声が、猫のものだと気づきました」とリサさんは言いました。

「私が建物の横にある電気制御ボックスに近づくと、背後からニャーニャーという鳴き声が聞こえてきました。ちょうどそこに同僚が歩いて来たため、『あなたもあの子を保護しに来たの?』と聞きました。」

あとで警備員さんに子猫のことを聞くと、朝早くに母猫が子猫を1匹ずつ運んでいるのを見かけたそうです。「きっとこの子はその時に逸れてしまったのだろう」とリサさんは考えているそうです。

子猫は全く人間と接したことが無かったようで、リサさん達が近づくと、すぐにその場から逃げ出しました。

駐車場の子猫出典:mayday_kitten

「子猫は電気制御ボックスの後ろに隠れると、音を立てるのを止めました。そこは温度が38度近くあったため、子猫が長く留まることはできませんでした。私はこのままでは子猫が死んでしまうと感じました。」

また、この周辺はとても交通量が多く、子猫にとって安全な場所はありませんでした。

リサさんの同僚はオフィスから大きな箱を持ってきて、逃げ道を塞ぐように地面に置きました。子猫は恐怖で動けなくなっていたため、リサさんは長いチューブを使って、子猫を箱の方へと押し出したそうです。

保護された子猫出典:mayday_kitten

「私は保護した子猫をオフィスに連れて行き、子猫を助けるためにしばらく家に戻ってもいいかと上司に聞きました。上司も動物好きだったため、すぐに子猫を世話するように私に言ってきました。」

リサさんが家に着いた時も、幼い子猫はとても怖がっていました。そのため子猫はリサさんの姿を見ると、必死になって威嚇してきたのです。リサさんは子猫のそばに留まり続け、時間をかけて落ち着かせようと試みました。

やがて子猫は威嚇を止めて、代わりに喉をゴロゴロと鳴らし始めたそうです。

見上げる子猫出典:mayday_kitten

リサさんは猫缶を持ってきて、子猫のそばに置きました。子猫は空腹に抵抗することができず、物凄い勢いでご飯を食べ始めたそうです。

見つめる子猫出典:mayday_kitten

リサさんの家には元々、『カラミティー』と『カタストロフィー』という先住猫が住んでいたのですが、リサさんは2匹が子猫を受け入れてくれるかが心配でした。しかし、2匹はすぐに子猫を受け入れて、優しく接し始めたそうです。

くっつく子猫出典:mayday_kitten

また、子猫はすっかり人間に心を開き、リサさんの家族にも幸せそうに寄り添い始めました。家族はそんな愛らしい子猫に『メイデー』と名づけました。

歩く子猫出典:mayday_kitten

リサさんはその後も駐車場でメイデーの母親や兄弟を探し続けましたが、あの日以来、誰も猫の親子を見た人はいないそうです。

メイデーは同居猫のカタストロフィーのことが大好きになりました。カタストロフィーもメイデーのことが気に入ったようで、自分のベッドを一緒に使うことを許したそうです。

幸せな子猫出典:mayday_kitten

「彼らは最高の友達で、いつもお互いにグルーミングをしたり、昼寝をしたり、遊んだりして楽しい時間を過ごしています。またメイデーはカラミティーとも仲良くなりました。」

そして現在。
メイデーは1週間前に1歳の誕生日を迎えました。全身がフワフワになったメイデーは、こんなに美猫さんに成長しました!

くつろぐ猫出典:mayday_kitten

「メイデーはこれまでで一番甘い猫です。彼女はとても優しくて、遊び好きで、いつも幸せそうに喉を鳴らしています」とリサさんは嬉しそうに話してくれました。

見上げる猫出典:mayday_kitten

こうして駐車場で保護されたメイデーは、リサさんの愛情のおかげで大きく変わることができました。メイデーは今の暮らしが大好きで、毎日が幸せに溢れているのです(*´ω`*)
出典:mayday_kittenlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう