人生に、もふもふを。

ある朝、家の外で鳴いていた独りぼっちの子猫。温かく迎えてくれた家族と一緒の幸せそうな姿に心が温まる (*´ω`*)

0

ある朝のこと、マイクさんは家の外から聞こえてくる、大きな鳴き声で目を覚ましました。すぐに家の外に出たマイクさんは、そこで小さな子猫を発見したのです。子猫はマイクさんが来てからも大きな声で鳴き続けました。

見る子猫出典:reddit.com

子猫を保護したマイクさんは、母猫が帰ってくるかもしれないと思い、1週間ほど家の周りを確認し続けました。しかし、最後まで母猫が姿を現すことはなかったそうです。

マイクさんの家には既に2匹の猫が暮らしていたため、マイクさんは以前から子猫を欲しがっていた友人のスティーブンさんに電話をかけました。

マイクさんから電話を受けたスティーブンさんは、ちょうど保護施設から子猫を引き取り、自宅に連れ帰っているところでした。しかし、マイクさんから送られて来た愛らしい子猫の写真を見て、「No」と言うことができませんでした。

撫でられる子猫出典:reddit.com

スティーブンさんは、マイクさんから引き取った子猫に『アテナ』と名づけました。

保護された時のアテナはノミと感染症のため少し無気力でした。しかし、マイクさんやスティーブンさんのおかげで元気を取り戻すと、イタズラ好きの子猫に大変身したのです!

見つめる子猫出典:reddit.com

アテナはいつも本棚や机に登って本や小物を落としたり、トイレットペーパーを引き出して遊んでいました。また、毎日午前3時になると、寝ているスティーブンさんをいつも引っ掻いて起こすそうです。

眠る子猫出典:reddit.com

一方、保護施設から引き取った子猫は『アポロ』と名づけられました。アポロはとても甘えん坊で、人間に抱っこされるのが大好きです。

振り返る子猫出典:reddit.com

そんなアテナとアポロが初めて出会った時、ふたりの間には心の距離がありました。近づいてくるアポロを警戒して、アテナが「シャー!」と威嚇してきたのです。しかし、グイグイ来るアポロに負けて、最後はアテナが心を開きました。

そして、今ではすっかり大親友になったのです♪

友達と猫出典:reddit.com

「アテナとアポロは私達の家に喜びを運んで来てくれました。この子達を迎えて以来、毎日家に帰るのが楽しみで仕方ありません」とスティーブンさんは言います。

一緒に眠る猫出典:reddit.com

「アテナはいつも鳩のように喉を鳴らします。もしかすると彼女は鳥の一種かもしれません♪ 彼女はイタズラ好きな、私の恋人です。」

保護された時はとても小さかったアテナも、数ヶ月でこんなに美猫さんに成長しました♪

成長した子猫出典:reddit.com

あの日、独りぼっちで鳴いていたアテナは、もう少しも寂しくなんかありません。アテナの周りにはいつも温かい家族がいるのです。これからもアテナは大好きな家族に囲まれながら、幸せな毎日を送っていくことでしょう♪

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう