人生に、もふもふを。

溺れていた子猫を沿岸警備隊が救出! 呼吸が止まった子猫に人工呼吸を続けると、数分後に死の淵から蘇る!

0

ある日、イタリアのシチリア島にある港町『マルサーラ』で、数人の子供達が海に浮かぶ子猫を見つけました。

危ない子猫出典:facebook.com

子供達が近くにいた湾岸警備隊にそのことを知らせると、隊員の一人がすぐに海に飛び込んで救助に向かったのです! ボートの上に運ばれてきた子猫でしたが、全く動かず、死んでいるように見えました。しかし、もう一人の隊員が諦めずに人工呼吸と心臓マッサージを始めました!

人工呼吸出典:facebook.com

それから数分後。

隊員達の懸命な処置で、ついに子猫が息を吹き返したのです!

子猫は口から水を吐き出し、小さな鳴き声をあげました。その声を聞いた隊員達は、喜びと興奮で歓声をあげたのです!

その様子は動画でどうぞ。

Corpo delle Capitanerie di Porto – Guardia Costieraさんの投稿 2016年8月5日(金)

隊員達は子猫の身体を乾かし、オフィスへと運びました。そして獣医さんに診てもらい、看病を続けると、子猫は徐々に元気を取り戻していきました。

元気になった子猫出典:facebook.com

その後、奇跡の子猫は『チャーリー』と名づけられ、湾岸警備隊のオフィスで暮らすことになったそうです。

タオルに包まれる子猫出典:facebook.com

こうして隊員達のおかげで一命を取り留めたチャーリーは、そのまま湾岸警備隊所属の猫になりました。幼い命が助かって本当に良かったですね!

きっとチャーリーは命を救ってくれた隊員達に、たくさんの幸せを届けてくれることでしょう(*´ω`*)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう