人生に、もふもふを。

お互いにオッドアイと口唇口蓋裂で生まれた猫と少年。出会った瞬間に運命を感じ、驚くほどの絆で結ばれる

0

オクラホマ州に住む7歳のマッデン君は、保護施設で1匹の猫と出会い、一瞬で恋に落ちました。ふたりはどちらも虹彩異色症(オッドアイ)の瞳と割れた唇で生まれました。

猫と男の子出典:Christina Humphreys

ある日のこと、マッデン君の母親のクリスティーナ・ハンフリースさんは、『バレンタイン』という名前の保護猫の話を聞きました。バレンタインはマッデン君と同じ特徴を持つ猫だったため、クリスティーナさんは息子のための猫だと思ったそうです。

先週の週末、マッデン君と家族は1,000km以上も離れたミネソタ州の保護施設へと車で向かい、バレンタインを引き取りました。「保護施設への旅はとても長い道のりでしたが、途中で素敵な人達に出会い、たくさんの助けてもらいました。私達は優しい人達のおかげで、バレンタインを家族に迎えることができました。私達はこの旅で出会った全ての人達に感謝しています。」

似ている男の子と猫出典:Christina Humphreys

初めてマッデン君とバレンタインが出会った瞬間、ふたりは一瞬で仲良くなりました。ふたりはお互いに何かを感じたようで、嬉しそうに抱きしめ合ったそうです。

猫を抱っこする男の子出典:Christina Humphreys

家族はその後、バレンタインの名前を『ムーン』に改名しました。

「このハンサムな少年達は、お互いに虹彩異色症と口唇口蓋裂で生まれました。そして、私達はふたりが親友になる運命だったことを知っていました。ふたりは家に着いてからもずっと、楽しい時間を一緒に過ごしています。」

猫を撫でる男の子出典:Christina Humphreys

「ムーンは家に来てすぐに新しい環境に慣れました。すっかり心を開いた彼はとっても愛情豊かで、いつも愛らしい姿を私達に見せてくれます。」

クリスティーナさんは幸せそうなふたりの姿を見ながら、こう話してくれました。「みなさん、どうか自分とは違う人達にも優しく接してあげてください。私達は今までに辛い経験をたくさんしてきました。ぜひ誰にでも優しく接してください…。また、もし誰かがあなたに対して不親切にしてきても、彼らに対して親切に接してください。最も愛情から遠ざかろうとする人は、最も愛情を必要とする人です。」

@maddenandmoonがシェアした投稿

マッデン君はいつもムーンに優しく接し、多くの愛情を注ぎ続けています。そんなマッデン君のことが大好きなムーンは、いつも一直線に近づいて行って、膝の上でゴロゴロと幸せそうに喉を鳴らしているそうです。

これからもふたりはお互いのことを大切にしながら、愛情いっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう