人生に、もふもふを。

ペットを飼う気が全くなかった女性。ある日、家の下から出てきた子猫に選ばれて、毎日が驚くほど幸せいっぱいに!

0

カナダに住むケリーさんがプリンスルパートの街に引っ越してから数日後、どこからか聞こえてくる子猫の叫び声で目を覚ましました。

手乗り子猫出典:instagram.com

「私は子猫の声に気づきましたが、その声がどこから来ているかが分かりませんでした。私はすぐに外に出て隅々まで探しましたが、最終的に声が家の下から聞こえてくることに気づきました」とケリーさんは言いました。

ケリーさんはポーチの下の土を掘って、中に潜り込みました。そして、ポーチの階段の下で動かなくなっている小さな子猫を発見したのです。子猫の近くには母親がおらず、独りぼっちのように見えました。

「子猫はとてもぐったりしていたため、生きているかが分かりませんでした。私は急いで獣医さんのところに子猫を連れて行きました。獣医さんは子猫が生後1週間未満で、母猫によって置き去りにされたと言っていました。」

丸くなる子猫出典:instagram.com

ケリーさんは子猫を自宅に連れて帰り、『オスカー』と名づけました。

「実は私はこの家でペットを飼うつもりはありませんでした。でも、オスカーは私を選びました。」

持たれる子猫出典:instagram.com

ケリーさんは今までに幼い子猫を育てた経験がなかったため、子猫の育て方を1から学ばなければなりませんでした。

ケリーさんは最初、オスカーのために哺乳瓶を用意しましたが、オスカーの身体がとても小さかったため、シリンジを使ってご飯を食べさせました。ケリーさんはそれから何日も眠れない日々を過ごしましたが、そのおかげでオスカーは元気を取り戻し、日に日に大きくなっていったそうです。

見つめる子猫出典:instagram.com

「オスカーはとても元気で、家の主人のように行動するのが大好きです。でも周りに誰もいなくなると、途端に赤ちゃんのように行動し始めて、私が戻ってくると嬉しそうに抱きついてきます。」

ベロ出し子猫出典:instagram.com

オスカーは人間のお母さんにすり寄って、毛布の下で丸くなるのが大好きです。

眠る子猫出典:instagram.com

また、ケリーさんが仕事から帰ってくると、オスカーはいつも手を伸ばしてきて、愛らしい姿でハグを要求してくるそうです♪

幸せ子猫出典:instagram.com

それから8ヶ月後。
とても大きくなったオスカーの元に、保護子猫の『イザベル』がやって来ました。

「イザベルは別の家の下から発見された子猫です。私は彼女を迎えた時に、オスカーと素敵な関係になるだろうと感じました。最初の頃はとても臆病でしたが、オスカーの優しさに触れて心を開いていきました。」

シンク猫出典:instagram.com

オスカーはイザベルを妹として受け入れて、自分の家を一緒に使うことを許しました。

「ふたりは一緒に遊ぶようになり、最終的に素敵な兄弟になりました。現在、ふたりは家の中を一緒に駆け回って、楽しそうに遊んでいます。」

くつろぐ猫出典:instagram.com

そして2年後。
2歳になったオスカーは、相変わらずケリーさんに寄り添いながら、幸せな毎日を送っているそうです。

幸せ猫出典:instagram.com

最初の頃はとても小さく、弱々しかったオスカーでしたが、ケリーさんのおかげでとってもハンサムな猫へと成長しました。

「私はオスカーに初めて出会った日のことを決して忘れません。私は彼を助けることができて、本当に幸せです。私はあの時からずっと彼のことを愛しています。」

見つめる猫出典:instagram.com

こうして家の下で鳴いていたオスカーは、素敵なお母さんに出会うことができました。すっかり家の王様になったオスカーは、これからも大好きなケリーさんやイザベルと一緒に、楽しい毎日を過ごしていくことでしょう♪

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう