人生に、もふもふを。

家のない子猫を2日間だけ預かることに同意した夫婦。でも子猫には別の計画がありました ( *´艸`)♡

0

ある日、ブラジルに住むステファニーさんは、裏庭から聞こえてくる犬の声に気づきました。不思議に思ったステファニーさんが裏庭のフェンスに近づくと、そこには雨でビショ濡れになった1匹の子猫がいたのです。子猫は寒さで身体を震わせていました。

ステファニーさんは子猫を保護すると、自宅へと連れて帰りました。そして、近所の家を一軒一軒訪ねて飼い主さんを探しましたが、結局見つからなかったそうです。

見つめる子猫出典:Julia Braule

その話を聞いた友達のジュリア・ブリュールさんは、ステファニーさんに子猫を引き取りたいと申し出ました。そして、子猫に『ルナ』と名づけて、自宅へと連れて帰ったのです。ジュリアさんはルナのことを家族に伝えていなかったため、家族全員を説得する必要がありました。

「私の父はとても猫好きで、いつも猫を欲しがっていたため、すぐに『いいよ』と言ってくれました。でも母は猫が短気な性格で、冷たい生き物だという固定観念を持っていたため、ルナを家族に迎えることに反対しました」とジュリアさんは言いました。

しかし、子猫が既に家に来ていたため、母親はしぶしぶ家に入れることを同意しました。そして、子猫に新しい家を見つけるための時間として、2日間の猶予をジュリアさんに与えたのです。

入る子猫出典:Julia Braule

「ルナは家に着いた瞬間、家の中を探索して、喉を鳴らし始めました。でも愛犬のクッキーはルナのことを怖がっていました。そんなクッキーの姿を見た母は、とても不満そうにしていました。」

ジュリアさんは母親に言われた通りに、ルナの新しい家を探し始めましたが、一方のルナは別の計画を持っていたようです。

ギュッとする子猫出典:Julia Braule

翌朝、母親はルナの甘いキスと喉の音で目を覚ましました。そしてその日、ルナは母親の後をずっと追いかけ、一緒に遊んだり、胸の上で眠ったり、キッチンで料理の様子をじっと見つめていたそうです。

そんなルナの愛らしい姿が、母親の心を大きく動かしました。

「母は驚くほど早く、ルナと恋に落ちました。ルナが来た次の日には、母はルナを手放せなくなっていたのです。そして母は『うちの家族は全部で5人(ジュリアさん・父・母・クッキー・ルナ)だった気がするの!』と言い始めました。」

「そのため私は母に言われた通り、2日間でルナの家を見つけることができました!」

眠る子猫出典:Julia Braule

愛犬のクッキーもルナを妹として受け入れ、ふたりはとても仲良くなりました。

「ルナはすぐにクッキーに惹きつけられて、シッポやフワフワの毛で遊ぼうとしました。でも最初の頃のクッキーは、ルナと一定の距離を保っていました。」

犬と子猫出典:Julia Braule

「ふたりが仲良くなるまでには少し時間がかかりましたが、現在は一緒に遊んで、一緒に昼寝をしています。そして、クッキーが父と散歩に出かける時は、ルナが引き止めようと鳴き始めます。」

幸せな子猫出典:Julia Braule

また、遊び盛りのルナは家族が何かに集中していると、決まってみんなのお手伝いを始めるそうです♪

邪魔する子猫出典:Julia Braule

「ルナは一日の大半を私達と一緒に過ごし、私達に寄り添っています。でも時々、驚くほどのエネルギーで家中を元気に駆け回っています。」

こちらは一緒にテレビを見るルナと父親の姿です♪

抱っこされる子猫出典:Julia Braule

また、ルナは母親がノートに何かを書いている時に、注意を引くのが大好きなのだそうです♪

楽しそうな子猫出典:Julia Braule

そして、ルナが家に来てから2ヶ月が経ちました。ルナは家族全員と仲良しですが、中でも一番の仲良しは、最初に反対していた母親だそうです。

「母はすっかり猫好きになり、ルナと一緒にいられることに大きな喜びを感じています。私が家に帰れない時は、いつも母がルナの写真を送ってきます。そして、ルナがどれくらい可愛いかを嬉しそうに伝えてきます」とジュリアさんは幸せそうに話してくれました。

幸せな子猫出典:Julia Braule

こうしてルナの可愛い姿と行動が、母親の心を180度変えました。ルナはこれからも大好きな家族に囲まれながら、幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう