人生に、もふもふを。

恐怖のあまり顔を上げなかった保護猫。人の優しさに心を開くと、ステキな顔を見せてくれた!

0

ある日、フィラデルフィアの路上で元気のない野良猫が、近くの住民よって保護されました。住民は猫を安全に運ぶために、リュック(バックパック)に入れて保護施設へと連れて来ました。

施設のスタッフが猫をリュックから出してあげると、新しい環境が怖かったようで、身体を丸くして必死に隠れるようなポーズをとりました。そして、用意した食事にもほとんど手をつけなかったのです。

丸くなる猫出典:facebook.com

その後、スタッフは猫に『バックパック』と名づけました。

スタッフは怖がるバックパックを落ち着かせようとしましたが、なかなか上手くいきません。しかし、根気よく接しているうちに、ようやく可愛い顔を見せてくれるようになったのです!

こちらを向く猫出典:facebook.com

しばらくすると、バックパックに里親さんが見つかりました。

新しい家に着いたバックパックは、家の中をしばらく探索すると、ご飯の容器へと向かいました。どうやらバックパックにとって、新しい家は居心地の良い空間だったようです。

横になる猫出典:facebook.com

それから数ヶ月が経つ頃には、すっかり家族にとけ込んで、幸せそうな姿をたくさん見せてくれるようになりました♪

眠る猫出典:facebook.com

施設に来た時は非常に怯えていたバックパックですが、もうそんな姿を見せることはありません。バックパックは人間の優しさに触れて、完全に心を開くことができたのです。

人間との暮らしに幸せを感じられるようになったバックパックは、これからも優しい里親さんの元で、のびのびと暮していくことでしょう♪

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう