人生に、もふもふを。

ある日、小学3年生の教室に迷い込んだ野良猫。どうやらその場所が気に入ったようで、子供達と一緒に勉強を始める♪

0

ある日、『トンビ』と名づけられた猫が、トルコのイズミルにある小学校に現れました。トンビは野良猫でしたが、とても社交的で親しみやすい性格の猫でした。そのためトンビは小学校に通う子供達の姿を見ると、注意を引こうと甘えてきたのです。

さらにトンビの行動は、それだけでは終わりませんでした。

見つめる猫出典:Özlem Pınar Ivaşcu

小学校の敷地内を2週間ほどブラブラしていたトンビは、教室で勉強することに決めました。どうやらトンビは3年生の授業が自分にピッタリだと思ったようで、3年生の教室に姿を現したそうです。

学生と猫出典:Özlem Pınar Ivaşcu

「トンビはある日、私達の教室に入ってきました。子供達はみんな、彼のことがすぐに好きになりました」とオズレム・ピナー・イヴァスク先生は言いました。

一緒の猫出典:Özlem Pınar Ivaşcu

そして、トンビはオズレム先生のクラスの一員になりました。

勉強猫出典:Özlem Pınar Ivaşcu

トンビが教室の中を自由に歩き回ると、子供達の勉強の妨げになるのではと思うかもしれませんが、オズレム先生はトンビが子供達にとても良い影響を与えていることに気づきました。

一緒の猫出典:Özlem Pınar Ivaşcu

トンビのお茶目で好奇心旺盛な姿が、子供達に教室が楽しい場所だと感じさせ、授業に取り組む姿勢を向上させたのです。オズレム先生は子供達を熱心にさせてくれるトンビに、とても感謝しているそうです。

くつろぐ猫出典:Özlem Pınar Ivaşcu

「子供達はみんな、学校に時間通りに来るようになりました。そして、自分達でトンビの世話を始めました。トンビが来てくれたおかげで、子供達が日々成長しているのを感じます。」

見つめる猫出典:Özlem Pınar Ivaşcu

そして、教室での生活はトンビにとっても素晴らしいことでした。

トンビは安全な場所で睡眠を取れるようになっただけでなく、空腹に耐え続ける必要もなくなりました。また、何十人の友達ができたことで、毎日の暮らしがとても楽しくなったのです。

オズレム先生はトンビを動物病院に連れて行き、健康のチェックと予防接種を受けさせました。

座る猫出典:Özlem Pınar Ivaşcu

オズレム先生と子供達はトンビととても上手くやっていましたが、しばらくすると大きな問題が起きました。

トンビが教室にいることを知った1人の学生の両親が、学校の関係者に「健康被害をもたらす可能性がある」と苦情を言ってきたのです。そのため学校を管理していた人達は、オズレム先生にトンビを教室に置いておくことができないことを伝えてきました。

それを聞いた子供達はとても荒廃しました。そして、トンビの心も荒廃しました。

「トンビは新しい家を見つけて、そこで3日間暮らしましたが、彼は幸せではありませんでした。そして彼は食べることをやめました。私は彼を自宅に連れて帰りましたが、やはり彼は元気になりませんでした。」

トンビのことを心配した子供達は、トンビを元気づけために手紙を書きました。

眠る猫出典:Özlem Pınar Ivaşcu

体調が回復しないトンビの様子を見て、オズレム先生は悲しい現状をSNSに書き込みました。するとその投稿を見た多くの人達が、トンビの話を拡散し始めたのです。

「トンビの話はテレビのニュースにも取り上げられ、多くの人達が彼を応援してくれました。またイズミルの教育責任者からも支持を得ました。」

多くの人達からの応援が、苦情を言っていた保護者の心にも変化を与えました。

そして、ついにトンビは大好きな教室に再び戻ることができたのです!

机の上の猫出典:Özlem Pınar Ivaşcu

「子供達はトンビと再び一緒になれて大喜びしました。そして、トンビも再び子供達と一緒になれて、元気を取り戻しました」とオズレム先生は嬉しそうに話してくれました。

見上げる猫出典:Özlem Pınar Ivaşcu

こうしてトンビは再び、オズレム先生が教える33人の子供達と幸せな時間を過ごせるようになりました。トンビの物語りは一部の人達にとってはあまり関心のない話かもしれませんが、33人の子供達にとっては自分達の世界そのものなのです。

嬉しいことにトンビの物語りによって、猫が子供達の成長に良い影響を与えることがトルコ中に広がりました。現在、トルコ内では野良猫や保護猫達への関心が高まっていて、新しい家を見つけて幸せになる猫達が増えているそうです(*´ェ`*)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう