人生に、もふもふを。

建設現場で保護された、全てを怖がる迷子の子猫。優しい夫婦に愛情を感じた瞬間、閉ざした心に大きな変化が (*´ェ`*)

0

ある日、セレッカ・バーグさんと彼女の夫は、暖かい家が必要な迷子の子猫を受け入れました。子猫は少し前に建設現場に迷い込み、作業員が保護するまで、荒れ果てた生活を送っていたそうです。

丸くなる猫出典:Sellecca Berg

夫婦は子猫に『グラビー』と名づけました。

「グラビーは親戚の友達が見つけました。私達がグラビーを迎えに行くまでの数日間、彼女はその人の家で暮らしていました」とセレッカさんは言いました。

グラビーが暮らし始めた家には複数のペットがいたため、内気なグラビーはとてもストレスを感じ、全てのことを怖がっていました。そのため親戚の友達は、グラビーを引き取ってくれる人を探し始めたそうです。

くっつく猫出典:Sellecca Berg

「私達がグラビーを引き取りに行った時、彼女は非常に怖がっていました。私達は彼女を獣医さんのところに連れて行き、必要な治療やお腹の虫の駆除をしてもらいました。」

その後、自宅へと戻った夫婦はグラビーのために静かな部屋を用意しました。グラビーはそこでゆっくりとした時間を過ごすと、家に来てから10分後には夫婦の身体に寄り添い始めたそうです。

ギュッとする猫出典:Sellecca Berg

「グラビーは私達の気を引くために、私達を突っついて、すり寄ってきました。彼女の愛らしい姿に、私達の心は一瞬で溶けました。」

くつろぐ猫出典:Sellecca Berg

こうして路上で暮らしてきたグラビーは、まるで別猫へと生まれ変わりました。グラビーは部屋の中を自由に歩き回りながら、お気に入りのソファーの上でまったりとした時間を過ごし始めたのです。

横になる猫出典:Sellecca Berg

グラビーが新しい家に慣れた時、夫婦は先住猫の『ビスケット』を紹介する時が来たと感じました。ふたりは最初、お互いに混乱していましたが、1週間後にはすっかり親友になったそうです。

一緒の猫出典:Sellecca Berg

ビスケットはグラビーを自分のベッドへと連れて行き、いつも毛づくろいをしてあげます。そんなビスケットの優しさに、グラビーはいつも幸せを感じているそうです。どうやらふたりは完全に離れられない存在になったようです。

「ふたりはいつも一緒にすり寄って、一緒に家の中を駆け回ります。私達は寄り添うふたりの姿を見ながら、いつも幸せな気持ちに包まれています」とセレッカさんは嬉しそうに話してくれました。

くつろぐ猫出典:Sellecca Berg

そして現在。
グラビーの身体は大きく成長しました。もちろん今も優しいビスケットに寄り添いながら、幸せな毎日を送っているそうです♪

幸せな猫出典:Sellecca Berg

こうして心を閉ざしていたグラビーは、生涯の家で大好きな里親さんと親友を見つけることができました。安全な家の中で、幸せそうに家族に寄り添うグラビーの姿に、心がほっと温まりますね(*´ω`*)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう