人生に、もふもふを。

アゴと足にハンデを負いながら、懸命に乗り越えた猫。3年後、命を救ってくれた女性と共に最高のクリスマスを迎える!

0

猫の『バギー』と2匹の兄弟は、生後8週目でイギリスにある保護施設『キャッツ・プロテクション』によって救い出されました。

寝転がる猫
出典:instagram.com

「子猫達は8週齢にも関わらず、5週齢の大きさしかありませんでした。彼らは栄養失調に陥っていて、全身がノミで覆われていました。お腹には虫もいて健康状態は最悪で、彼らが持ちこたえられたのは奇跡的なことでした」と施設でボランティアをしているクレア・ハーバーさんは言いました。

子猫達はその強い意志で、最悪の時期を乗り越えることができたのです。

見上げる猫
出典:instagram.com

子猫達は全員、染色体異常で生まれました。「特にバギーは大きな影響を受けていました。彼は異常に大きな目と、完全に開くことのできない歪んだアゴで生まれました。さらに足にもハンデを負っていたのですが、保護されたばかりの時は獣医さんも気づくことができませんでした。」

クレアさんが初めてバギーに会った時、彼に一目惚れしました。そして、バギーはすぐにクレアさんの心に忍び寄ってきたのです。

包まれる猫
出典:instagram.com

それから1ヶ月後、獣医さんはバギーの膝頭が外れた状態になっていることに気づきました。

「バギーは膝の手術のために、獣医さんにレントゲンを撮影してもらいました。そして、私達は大きな衝撃を受けました。」

「バギーの後ろ足から腰にかけての各関節が全て変形していました。それは非常に難しい手術だったため、ここで手術をすることは不可能でした。獣医さんはバギーが1歳を迎えるまでに治療しなければ、彼は歩くこともできず、苦しみ続けることになるだろうと言いました。」

可愛い表情の猫
出典:instagram.com

「私はこの診断を聞いて、バギーのことをさらに大切に思うようになり、彼を家族に迎えることにしました。たとえ彼が長く生きられなくても、彼が幸せを感じられる環境で一生を過ごして欲しいと思ったのです。」

バギーは翌年の2月まで里子に出る予定がなかったため、クレアさんはクリスマスの朝に施設へと足を運び、バギーにプレゼントを渡し、一緒の時間を過ごしました。そして、翌年の2015年2月1日にバギーを家族に迎えたのです。

ビックリ猫
出典:instagram.com

その後、クレアさんの最善の努力にも関わらず、バギーの足は悪化し続けました。「私の心は打ちひしがれていました。私はイギリス中の獣医さんに足の治療をお願いしましたが、その全員から不可能だという返事をもらいました。彼の状態は予想以上にひどく、どうすることもできませんでした。」

「私が猫用のご飯を買いに行った時、最悪のことを考えてしまいました。『バギーはもう2ヶ月も生きられないかもしれない』という考えが頭を支配し、ここで食べ物を買うべきかどうかも分からなくなってしまいました。」

話しかけて来る猫
出典:instagram.com

その後、クレアさんはノエル・フィッツパトリックという、驚くべき獣医のことを思い出しました。ノエル博士は動物の整形外科と神経学に精通していて、奇跡の手術を行う獣医として知られていたのです。

クレアさんは10時間かけて、北アイルランドのベルファストからスコットランドのケアンニャンへと移動しました。そしてノエル博士にバギーを診てもらうと、彼を治すことができると言われたのです。それはこれまでで最高のニュースでした!

見つめる猫
出典:instagram.com

バギーは6月に救命手術を受けました。そして、足と背中の金属固定具を取り除くために、再び7月に手術を受けました。

座る猫
出典:instagram.com

「バギーは手術後にとても怖がっていましたが、私が会いに行くと安心した表情を見せてくれました。ノエル博士は私に、バギーのリハビリの方法を丁寧に教えてくれました。」

「手術後に私はバギーのこれからについてノエル博士に聞きました。すると彼は『バギーは他の猫と変わらない年齢まで生きることができるよ』と言ってきたのです。私は思わず声を出して喜びました!」

遊ぶ猫
出典:instagram.com

「現在、3歳になったバギーは元気に暮らしています! 彼はキャットツリーを飛び越えて、同居猫達を追いかけています。彼は鳥や外の風、そして日光浴が大好きで、庭に設置してある猫用の家も気に入ってくれました。」

噛む猫
出典:instagram.com

こちらがバギーの現在の姿です!

成長した猫
出典:instagram.com

「バギーは私の大切な家族です。彼がいなければ私は生きていけないでしょう。彼は非常に厳しい時期を乗り越え、私を助けてくれました。」

可愛い顔の猫
出典:instagram.com

こちらは同居猫のスチューに追われるバギーの姿です。 (動画)

Buggyさん(@buggy_supercat)がシェアした投稿

今から3年前、バギーは先の見えないまま保護施設で最初のクリスマスを迎えました。でも今年のクリスマスは違います。バギーは自分の愛する家で元気に走り回り、生きていることに幸せを感じているのです!

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう