人生に、もふもふを。

ティッシュボックスに入れられて、ペット用品店に持ち込まれた子猫。優しい家族の愛情が、子猫の運命を変える (7枚)

0

今から1週間前、子猫が入ったティッシュボックスがペット用品店に持ち込まれました。子猫を連れて来た人は、ペット用品店なら子猫を救うことができると思い、路上で保護した子猫を持ち込んだそうです。子猫はまだ幼く、24時間体制のケアとたくさんの愛情が必要でした。

包まれる子猫
出典:facebook.com

お店のスタッフは猫の保護活動を行うハンナ・ショーさんに連絡を取りました。子猫のことを聞いたハンナさんは、すぐにお店へと向かったそうです。

「お店では子猫を世話することができなかったため、私のところに電話がかかってきました。私は急いで出かける準備をして、お店に急行しました」とハンナさんは言いました。

横になる子猫
出典:facebook.com

「生後約4日で体重が80gの子猫は、脱水症状に陥り、たくさんのノミで貧血状態になっていました。」

家に着いたハンナさんは全てのノミを優しく洗い流し、栄養価の高いご飯を食べさせました。すると子猫はとても満足したようで、可愛い音で喉を鳴らし始めたそうです。「2回の食事とお風呂、そして暖かいベッドで眠った後、子猫はここが安全な場所だと感じたようです。」

撫でられる子猫
出典:facebook.com

ハンナさんは子猫に『ハンキー』と名づけました。ハンキーは毎日体重を増やし、強くなっていきました。ハンキーはいつも物凄い勢いでご飯を食べ、ハンナさんにすり寄ってくるそうです。

また、ハンキーは人間のお父さん(アンドリュー・マルティラさん)のことも大好きになりました。

胸の上の子猫
出典:facebook.com

「ご飯でお腹を満たしたハンキーは、すぐにベッドで眠るのではなく、私に抱えられながら両手をフミフミするのが大好きなようです。」

持たれる子猫
出典:facebook.com

「ハンキーは平均体重よりもまだ軽いのですが、とても元気に遊び、いつも喉を鳴らしています。手の平サイズのハンキーの身体には、たくさんのエネルギーと可愛らしさが詰まっています。」

助け出された子猫
出典:facebook.com

保護から数日が経つと、ハンキーの目が開きました。ハンキーはその可愛い瞳でハンナさんのことを、じっと見つめてくるそうです。

見つめる子猫
出典:facebook.com

実はハンナさんがハンキーを初めて見た時、ハンキーのことを男の子だと思ったため、この名前をつけました。しかし、成長したハンキーを見て、女の子だと分かったそうです。でもハンナさんは今も、ハンキーという名前がとても気に入っているそうです♪

持たれる子猫
出典:facebook.com

こちらはハンキーの食後のフミフミの様子です。(動画)

こうしてティッシュボックスで持ち込まれたハンキーは、ハンナさんのおかげですくすくと成長することができました。ハンナさんにたくさんの愛情を注がれて、幸せいっぱいのハンキーの姿に心が温まりますね(*´ω`*)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう