人生に、もふもふを。

深い沼で動けなくなり、何日も助けを求めて鳴いていた猫。勇敢な男性が沼に分け入り、何とか無事に助け出す! (8枚)

0

猛烈な嵐が過ぎ去った後、動物のレスキュー活動を行なっている『キャット・レスキュー・ガイ』のランダル・コルブさんの元に、沼の真ん中に孤立した猫がいるというメッセージが届きました。

木に取り残された猫
出典:catrescueguy.com

「猫を発見した人は、地元の保護施設に写真と位置情報を送りました。保護施設はすぐに私に連絡をして、この猫を助けることはできないかと尋ねてきました」とランダルさんは言いました。

ランダルさんは少しも躊躇しませんでした。ランダルさんは必要なアイテムを用意して、現場へと急行し、すぐに救出作業を開始したのです。

「猫が水に囲まれた木によじ登っているということは、最初は木が水に浸かっていなかったのだろうと考えました。それはつまり、豪雨によって干上がっていた地面に水が溜まり、近くにいた猫が避難のために木によじ登った証拠です。」

ランダルさんの言う通り、この地域はいつも水が溜まっているのではなく、雨が降った時に沼地になる場所だったそうです。

「猛烈な雨は私が猫の救助をする4日前に降り始めました。おそらく猫は4日間も木の上で動けなくなっていたのでしょう。」

救出に向かう男性
出典:catrescueguy.com

猫の救助活動にはランダルさんの妻のジュディさんも加わりました。現場に着いた夫婦は、さっそく猫の声を頼りに、猫の位置を特定する作業を始めたのです。

「猫は最初、道路のどちら側にいるか分かりませんでした。しかし、バードウォッチャーの方が提供してくれた写真を見て、可能性の高い場所を見つけることができました。」

分け入る男性
出典:catrescueguy.com

夫婦は猫が返事を返してくれることを期待して、姿の見えない猫に向かって話しかけました。すると数分後、数かな声で猫が返事をしてくれたのです。そのおかげで夫婦は、猫のいる方向を特定することができました。

しかし、沼は太い枝などで何重にも遮られ、猫の居場所を正確に特定するのは困難でした。ランダルさんは双眼鏡を取り出し、可能性のあるところをくまなく探し始めました。そしてようやく、猫が水面から60cmほどの切り株の上で、丸くなっている姿を発見したのです。

救助を待つ猫
出典:catrescueguy.com

夫婦はカヌーやカヤックを持っていなかったため、ランダルさんがそのまま沼に入り、猫に向かって歩き始めました。「私はバランスを保つために、杖を持って行きました。杖があれば、もしヘビを見つけたら追い払うことができ、ワニがいたら叩くことができます。」

途中まで進むと、水はランダルさんの足を完全に沈めました。しかし、随分猫に近づくことができたため、猫の叫び声がよく聞こえるようになったのです。

そしてついにランダルさんは、猫のところへと辿り着きました。

「私はキミの友達だよと伝えるために、私は猫に食べ物を差し出しました。私は彼がそれを食べないことを知っていましたが、彼はそれで少し気を許してくれました。そのため私がさらに近づいても、彼は驚きませんでした。」

餌を猫に差し出す男性
出典:catrescueguy.com

猫はとても不安だったため、木にしっかりとしがみついていました。ランダルさんは静かに近づき、猫と少し会話をしてから、挨拶のために猫の鼻に手を伸ばしました。

ランダルさんの行動で、猫は少しずつ緊張を解いていきました。そして、徐々にランダルさんに不安を感じなくなっていったのです。

手を近づける男性
出典:catrescueguy.com

「もう一度、私は彼に手を伸ばしました。すると今度は手の匂いをしっかりと嗅いで、少しリラックスした表情になりました。そこで私が彼の前にキャリーを置くと、彼はしばらく中を確認してから、キャリーの中に入って行きました。」

ランダルさんがホッと息をついて、扉を閉めました。そして、キャリーの中で鳴いている猫と一緒に沼から出たのです。

キャリーを覗く猫
出典:catrescueguy.com

夫婦は猫に『チョンパー』と名づけました。

夫婦がチョンパーを保護施設へと連れて行くと、マイクロチップがあることが分かりました。しかし、施設のスタッフが登録された家に連絡をしてもつながらなかったため、地元の迷子猫のページにチョンパーの写真と情報を投稿しました。そして、チョンパーが再び家族に会えることを強く望んだのです。

「今のところチョンパーの飼い主は見つかっていませんが、彼は安全な場所で大切に世話をされています」とランダルさんは話してくれました。

助けられた猫
出典:catrescueguy.com

チョンパーの救出の様子はこちら。(動画)

こうして嵐の中、沼に取り残されたチョンパーは、勇敢なランダルさんのおかげで4日ぶりに助け出されました。きっとチョンパーも自分を救ってくれたランダルさんに、心から感謝していることでしょう。

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう