人生に、もふもふを。

保健所から救われた、とても野生的な野良猫。初めて人間の愛情を感じ、6ヵ月後に驚きの変化を迎える! (6枚)

0

猫の『クラビー』は、安楽死の直前に保護団体『LYFF』によって保健所から助け出されました。しかし、クラビーはとても人間に怯えていて、人間と接することを拒否していました。

見つめる猫
出典:facebook.com

保護団体のスタッフはとても野生的なクラビーを、ネズミの被害に困っている家に連れていきました。そして、家の納屋に住まわせたのです。

クラビーは最初、新しい環境にとてもストレスを感じ、家族を怖い顔で威嚇してきました。しかし4週間後、クラビーは納屋を出て、家のガレージに引越しを始めたのです。

「私はいつも裏庭にあるガレージのドアを開けたままにしていました。ある日、クラビーがガレージの中に入ると、そこでの生活にすぐに適応しました」とクラビーの人間のお母さんが言いました。

隠れる猫
出典:facebook.com

「私がガレージに入ろうとすると、クラビーが飛びかかって来て、威嚇を始めました。しかし、しばらくすると威嚇はまだ続いていましたが、飛びかかって来なくなったのです。」

家族はガレージの外にクラビーのご飯を用意することにしました。そして少し経つと、野外にいる時のクラビーが、全く興奮しなくなったことに気づいたのです。

さらに時間が経つと、クラビーは家の中にいる家族に、窓の外から話しかけてくるようになりました。

見上げる猫
出典:facebook.com

家の玄関には犬用のドアが設置されていましたが、先住犬はそれを使いませんでした。クラビーはそのドアが家の中につがっていることを理解し、ある日勇気を出して家の中に入って来たのです。

クラビーはすぐに家の中が気に入ったようで、家の中から逃げ出さなくなりました。家族はそんなクラビーの変化に、とても幸せを感じたそうです。

そして、6ヵ月後。
クラビーは人間が悪い生き物ではないと理解しました。クラビーは愛情を求めてソファに飛び乗り、家族との時間を楽しみ始めたのです。

「現在のグラビーはすっかり家猫になりました。彼が外に出るのは、私達と一緒に散歩をする時だけです。」

まったりくつろぐ猫
出典:facebook.com

クラビーは食事の時間と、人間のお父さんに背中を撫でられるのが大好きになりました。どうやらブラビーは、すっかりお父さんの息子になったようです♪

「私達は昨年の冬に愛猫を失いました。それ以来、夫は別の猫を欲しがっていませんでした。でもクラビーの愛らしい行動が、夫の心を変化させたのです。私はふたりの幸せそうな姿にとても満足しています。」

ナデナデ猫
出典:facebook.com

こうして家族は安楽死から救われたクラビーに、2度目のチャンスを与えました。そして、家族は多くの愛情と寛容な心で、クラビーの心を大きく変化させたのです。

幸せ猫
出典:facebook.com

今のクラビーの姿を見ていると、とても野生的で、常に人間を威嚇していたことが信じられませんね。すっかり人間を信頼したクラビーは、これからもたっぷりと家族に甘えながら、愛情いっぱいの毎日を過ごしていくことでしょう(*´ω`*)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう