人生に、もふもふを。

高速道路の真ん中で子猫を発見した男性。近づく車をブロックしながら、子猫の元へと辿り着く! (6枚)

0

その日、タッカー・フィッシャーさんが高速道路を走行していると、道路の真ん中で小さな塊を見つけました。そして、猫好きだったタッカーさんは、それが子猫だとすぐに気づきました。

高速道路で保護された子猫
出典:Tucker Fisher

「私は最初、子猫が車にひかれてしまったのではないかと思いました。しかし、私が車から出ようとした時、子猫は頭を上げて私の方を見上げたのです」とタッカーさんは言いました。

子猫がまだ生きていることを知って、タッカーさんは走ってくる車をブロックしながら、子猫の方へと近づいていきました。そしてついに、子猫の元へと辿り着いたのです!

鳴く子猫
出典:Tucker Fisher

タッカーさんは子猫を抱えると、すぐに車へと戻りました。子猫は恐怖で身体を震わせていましたが、しばらくするとここが安全な場所だと気づき、落ち着きを取り戻したそうです。

「私は子猫を家に連れて帰り、食べ物と水をあげました。そして、子猫に『アイビー』と名づけて家族に迎えました。」

遊ぶ2匹の子猫
出典:Tucker Fisher

長い昼寝とたくさんのご飯の後、アイビーは急速に元気を取り戻し、エネルギーに満ち溢れてきました。また、タッカーさんが別の場所で保護してきた子猫とも仲良くなり、すぐに姉妹のような関係になったそうです。

眠る2匹の子猫
出典:Tucker Fisher

アイビーは生まれて間もなく大きな試練を迎えましたが、タッカーさんのおかげで安全な家を手に入れることができました。アイビーはタッカーさんと家族のことをとても慕っていて、いつもそばに寄り添っているそうです。

家に来た子猫
出典:Tucker Fisher

「アイビーは今の生活に満足していて、生きていることに喜びを感じています。また、彼女はいつも私の後をついてきて、可愛い姿をたくさん見せてくれます。私は今、彼女との生活に心から幸せを感じています。」

小さなアイビーは自分が愛されていることを知っていて、タッカーさんに幸せな気持ちを伝えているのです♪

遊ぶ子猫
出典:Tucker Fisher

こうして高速道路でうずくまっていたアイビーは、タッカーさんのおかげで新しい人生を歩み始めました。あの時、タッカーさんがアイビーを見つけてくれて本当に良かった…。これからもアイビーは命の恩人のタッカーさんに、たくさんの感謝と癒しを届けていくことでしょう。

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう