人生に、もふもふを。

ある日突然、家を失った猫の親子。新しく迎えられた家で愛情を取り戻し、喜びの気持ちを伝えてきた! (9枚)

0

生後4週の子猫『バタースコッチ』と母猫の『ゴールディー』は、飼い主さんが家を失った後、地元の保護施設「パーフェクト・パルズ」に連れてこられました。

保護された子猫
出典:facebook.com

保護施設に入った親子は、環境の変化にとても混乱しました。特に母猫のゴールディーは、物陰に隠れたまま出てこなくなってしまったのです。

その姿を見たスタッフ達は親子が再び安心して暮らせるように、新しい家が必要だと強く感じました。そこでスタッフ達は親子を新しい環境に慣れさせるために、親子を養育主さんの家に連れていったのです。

見上げる子猫
出典:facebook.com

バタースコッチは養育主さんのおかげで、日を追うごとに変わっていきました。たくさんのご飯とお風呂、毎日の遊びなどで、バタースコッチは人間に心を開いていったのです。

可愛い顔の子猫
出典:facebook.com

そして、すっかり人間を信頼したバタースコッチは、いつも幸せそうに喉を鳴らすようになりました。

見上げる子猫
出典:facebook.com

しかし、母猫のゴールディーの方はなかなか新しい環境を受け入れることができませんでした。それでも養育主さんが諦めずに接していると、ゴールディーは少しずつ心を開いていったのです。

「ゴールディーは自分の心に厚い壁を作っていました。しかし保護から2ヶ月後、彼女の行動は180度変わりました。毎日喉を鳴らしながら、マッサージを要求してくるようになったのです。長い間苦労した分、彼女が初めてすり寄ってきた時は、とても大きな喜びを感じました」と養育主さんは嬉しそうに話してくれました。

見上げる猫
出典:facebook.com

一方の元気いっぱいのバタースコッチは、養育主さんの身体を登って、肩の上で遊ぶのが大好きになりました。また、好奇心旺盛なバタースコッチは、身の回りのもの全てに興味を持ったそうです。

手の乗っける子猫
出典:facebook.com

バタースコッチは様々な場所を調べて回りました♪

隠れ子猫
出典:facebook.com

安全で暖かい家は、バタースコッチの心を幸せにしてくれました。また、すっかり甘えん坊になったバタースコッチは、いつも養育主さんに抱っこを要求してくるようになったそうです♪

幸せそうに眠る子猫
出典:facebook.com

そして、保護から3ヶ月後。
バタースコッチはたくさんの愛情で、こんなにハンサムな男の子に成長しました!

窓の外を見る子猫
出典:facebook.com

今から3ヶ月前、猫の親子は自分達が知っていた唯一の家を失いました。しかし、救いの手を差し伸べてくれた養育主さんのおかげで、再び温かい愛情を感じることができたのです。

これからもバタースコッチとゴールディーは一緒の家で暮らしながら、いつまでも幸せを分かち合っていくことでしょう(*´ω`*)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう