人生に、もふもふを。

新しい保護施設に一番初めにやって来た猫。毎日お客さんを出迎え始め、いつの間にか施設で人気のスタッフに! (7枚)

0

2012年10月、大怪我のため緊急治療が必要な猫が、イギリスの新設されたばかりの保護施設『RSPCAカンタベリー』に運ばれてきました。のちに『ノーマン』と呼ばれるようになった猫は、この施設に一番初めにやって来た保護猫でした。

ノーマンの怪我はとてもひどく、その日の夜を越えられるか分からないほどでした。しかし、スタッフ達の治療と看護のおかげで、無事に命をつなぐことができたのです。

抱えられる猫

「ノーマンは施設に来る2〜3時間前、施設の近くにある家で見つかりました。彼は家の庭の壊れた小屋の脇に倒れていたのです。駆けつけた警官によって保護された彼は、この施設に運ばれてきました。それ以来、彼は私達と一緒に暮らしています」と施設でマネージャーをしている、ベス・ヒクソンさんは言いました。

ベッドの上の猫

「ノーマンはおそらく、車にひかれて大怪我を負いました。彼は自力で車道を離れて、自分の傷を癒すために、小屋の近くで安静にしていたのだと思います。幸いなことに、朽ちた小屋を取り壊しに来た人達によってノーマンは発見されました。」

ノーマンの治療とリハビリには数ヶ月もかかりました。しかし、ノーマンはいつも機嫌が良く、スタッフの言うことをしっかりと聞いていたそうです。

ノーマンが完全に回復すると、さっそく施設内のパトロールを始めました。そして自然と、玄関で訪問者を出迎えるようになったのです。その姿を見たスタッフ達は、ノーマンにドアマンの役割を任せました。

それ以来、ノーマンはずっと玄関を出入りする人達に笑顔を届けているそうです。

座る猫

スタッフ達はこれまでに約1,500匹の保護動物達が、新しい家に旅立って行くのを見送りました。しかし、ノーマンだけは見送ることができませんでした。ノーマンは完全にスタッフ達と家族になり、施設になくてはならない存在になっていたのです。

「私達は彼を施設の猫にすることを決めました。私達はもう彼を手放すことができません。」

寝転がる猫

ノーマンは人間のことが大好きで、よく施設のイベントにも出席します。

「ノーマンはイベント中もたくさんの人達に挨拶をします。会場の入り口には彼専用のイスがあり、いつも一番最初に訪問者を出迎えてくれるのです。」

ベンチに座る猫

どうやらノーマン本人は、自分が施設の経営者だと思っているようで、いつもスタッフ達に目を光らせているそうです。また、愛情深いノーマンは、困っている保護動物達にも優しく接しているそうです。

見つめる猫

そして、たくさんの訪問者を迎えたノーマンは、夜になると自分のベッドで満足そうに眠りにつくそうです♪

眠る猫

こうして大怪我を負って施設に運ばれてきたノーマンは、スタッフ達のおかげで幸せな人生を歩むことができました。ノーマンは助けてくれた人達に恩返しするかのように、毎日玄関に立ち、みんなの心を温めて続けているのです(*´ω`*)

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう