人生に、もふもふを。

14歳で保護され、里親さんを待ち続けた老猫。ついに運命の人が現れると… 驚くほどの愛情をぶつけてきた! (9枚)

0

5月31日のこと保護施設『FAACAC』に、約14歳の老猫が運ばれてきました。老猫は以前どこかの家で暮らしていた可能性があるそうです。

撫でられる猫

それから3週間後、『グランマ』と名づけられた老猫は、スタッフ達のおかげで健康を取り戻ることができました。グランマの歯はほとんど無くなっていましたが、シニア用のご飯をいっぱい食べて、毎日元気に過ごしているそうです。

グランマはとても寂しがり屋の猫で、安心できる家と温かい家族をとても望んでいました。そのためグランマは、スタッフ達や訪問者と接することに多くの時間を使っていたのです。そんな愛らしいグランマの姿にスタッフ達は、早く彼女に家を見つけてあげたいと強く思ったそうです。

保護から1ヶ月後、ずっと里親さんを待ち続けたグランマの前に、デニース・リプリーという名前の女性が現れました。そしてその瞬間、グランマの全てが変わったのです。

鼻キスする猫

最初にグランマを見つけたのはデニースさんの友人でした。友人が施設に障害のある保護猫を引き取りに行った際に、グランマと出会ったのです。友人はすぐにデニースさんに連絡をして、施設に来るように伝えました。

その後、デニースさんが施設を訪れると、グランマはとても嬉しそうに近づいてきました。そしてすぐに、デニースさんの身体にすり寄ったのです。

嬉しそうな猫

ふたりは一瞬で心を通わせました。そして、グランマは今までに見せたことのないほどの力で、自分の頭をデニースさんに擦りつけたのです。その場にいたスタッフの全員が、グランマが新しい主人を決めたことを理解しました。

その日、グランマは施設を旅立ちました。家に着いたグランマは、施設で出会った時と同じように、何度もデニースさんに頭をぶつけてきたそうです。それはまるで自分が独りではないことを確かめているようでした。

ぶつける猫

デニースさんがソファーに座ったり、ベッドで横になるたびに、グランマはデニースさんに寄り添ってきます。

一緒に眠る猫

もちろんデニースさんがパソコンをしている時も、グランマはいつも一緒です。そして、パソコンに集中するデニースさんを心配して、休憩を促してくるのです♪

温まる猫

「人間同士が会話でコミュニケーションをとるように、グランマは寄り添うことで自分の意思を伝えてきます。彼女は伝えたいことがたくさんあるようで、私のそばから片時も離れようとしません」とデニースさんは言いました。

寄り添う猫

そして、「私はグランマの強い愛情が大好きです!」と幸せそうに話してくれました。

いい表情の猫

グランマは年を重ねた猫ですが、心の中は子猫のままです。「グランマは私達の家に、新しい愛情とエネルギーを運んできてくれました。彼女の若さには本当に驚かされます!」

乗っかる猫

こうして甘えん坊の老猫グランマは、デニースさんとの出会いで大きな幸せを見つけることができました。まだまだ元気いっぱいのグランマは、これからも大好きなデニーズさんにぴったりと寄り添いながら、幸せな余生を過ごしていくことでしょう(*´ω`*)

出典:facebook.com / Denise Ripley

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう