人生に、もふもふを。

「助けて!」と叫びながら、全力で岩場を走ってきた子猫。そのまま水に飛び込み、ボートの家族に救出される! (6枚)

0

その日、ナタリア・ニキーティナさんと彼女の家族が、黒海でボートとシュノーケリングを楽しんでいました。すると海岸の方から小さな叫び声のようなものが聞こえてきたのです。

海岸

「声は徐々に大きくなってきました。最初は何が起こったのか分かりませんでしたが、少しすると黒いものが遠くで動いていることに気づいたのです。それは小さな子猫でした。子猫は岩に空いた穴を飛び越えて、私達の方へ走ってきました」とナタリアさんが話しました。

「子猫のいる岩場のあたりはとても浅く、私達のボートが近づけない場所でした。そのため私達がどうしようかと考えていると、子猫は勢いよく水の中に飛び込んだのです!」

子猫が飛び込んだ後、ナタリアさんの親戚2人がボートから飛び込み、子猫の救出に向かいました。 (動画)

Спасение котёнка ! Назвали Аврора,теперь живёт у нас.

Неля Никитинаさんの投稿 2017年7月5日

保護された子猫はとても疲れていて空腹でしたが、助けてもらえたことにとても喜びを感じているようでした。

救出された子猫

ナタリアさん達は子猫の兄弟や母親がいるかもしれないと思い、しばらくその場で待機することにしました。しかし、ナタリアさん達が他の猫を見ることはありませんでした。

その後、子猫と一緒に岸に戻ったナタリアさん達は、お腹を空かせた子猫に魚を食べさせてあげました。

魚を食べる子猫

子猫がそこにいた理由は誰にも分かりませんが、ナタリアさん達がその場にいなければ、長くは生きられなかったことでしょう。

「子猫には選択肢がありませんでした。子猫は必死になって、私達のところに向かってきました。」

抱っこされる子猫

その後、子猫は『オーロラ』と名づけられ、ナタリアさんの母親の家で暮らすことになりました。ナタリアさん達はオーロラの命を救っただけでなく、独りぼっちのオーロラに生涯の家を用意したのです。オーロラは身体に少し傷を負っていましたが、とても活発で、新しい家族にたくさんの愛情を返しているそうです。

「オーロラはひとりになることをとても恐れていて、いつも誰かと一緒にいたいようです。」

ソファーでくつろぐ子猫

すっかり家族に溶け込んだオーロラは、ナタリアさんの家族や親戚にとって、かけがえのない存在になっているのです。

「私達はあの日、最高の贈り物を受け取りました!」

幸せそうな子猫

出典:Natalia Nikitina

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう