人生に、もふもふを。

変わった前足のため、誰にも引き取られなかった保護猫。その足を好きだと言ってくれる男性が現れて… (4枚)

0

ある日、イギリスのマンチェスターで見つかった2歳の猫『デアンドラ』は、発見から数週後、2匹の友達と一緒に地元の保護施設『PSPCA』へと連れて行かれました。

「保護された直後のデアンドラはとても汚れていて、痩せ細っていました。しかし、それから数週間には健康な状態に戻りました」と施設のスタッフは言いました。

また、人間に懐いていなかったデアンドラは、保護から1週間後にはスタッフ達に心を開き、とてもフレンドリーな猫に生まれ変わったそうです。

撫でられる猫

「デアンドラの前足は少し変わっていて、それそれの足に2つのつま先があります。それは生まれつきのもので、彼女の健康には悪い影響を与えていません。私達にはその少し変わった前足が、彼女の容姿をさらにエレガントにしているように感じています。」

猫の足

スタッフ達のおかげですっかり人間好きになったデアンドラは、身体を撫でてもらうのが大好きになりました。そのためスタッフ達が近づいていくと、いつも仰向けになってお腹のマッサージを要求してくるそうです。また、施設の心地よいベッドと毛布は、デアンドラを幸せな猫にしました。

ナデナデされる猫

その後、里親さんの募集を始めたデアンドラでしたが、2ヶ月以上も引き取り手が現れなかったため、少し孤独を感じているようでした。しかしそんな中、地元の新聞社に勤めるマイケル・カセモアさんが施設を訪れ、デアンドラと運命的な出会いを果たしたのです。マイケルさんはその日のうちに、デアンドラを家族に迎えました。

新しい家に着いたデアンドラは、すぐにマイケルさんの家の探索を始めました。そして、一通り家の中を確認すると、早速マイケルさんと一緒にオモチャで遊び始めたのです。

また、デアンドラは身体を撫でられるのが大好きなのですが、いつもマイケルさんが撫で始めると、両方の前足を膝の上に乗せてきて、幸せそうに身体を預けてくるそうです。そして、とっても嬉しそうな表情をしながら、全身でナデナデを堪能しているそうです♪

人間好きの猫

こうして保護猫のデアンドラは、優しいマイケルさんに出会い、大きな幸せを手に入れることができました。これからもデアンドラは、その特徴的な前足で、マイケルさんの心を鷲掴みにしていくことでしょう(*´ω`*)

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう