人生に、もふもふを。

ボロボロの状態で発見された15歳の老猫。連れて来られた保護施設で、ずっと待ち望んでいた人と出会うと… (6枚)

0

ある日、全身がボサボサの15歳の老猫が路上で発見されました。その後、老猫は近くの住人によって保護され、保護施設『ボールヒーズ・アニマル孤児院』へと連れて行かれました。

老猫を受け取った施設のスタッフ達は、老猫がどのくらい人間の愛情を求めているかがすぐに分かりました。

15歳の猫

スタッフ達は老猫に『バーナビー』と名づけました。バーナビーは非常に人懐っこい性格で、一瞬で全てのスタッフの心を溶かしました。スタッフは年老いたバーナビーに、素敵な里親さんを見つけることを誓ったのです。

スタッフが里親さんの募集を始めると、シーアン獣医センターのエド・シーアン獣医と妻のクレアさんが、Facebook上でバーナビーを見つけました。「私達がバーナビーの姿をFacebookで見て、彼には獣医によるケアが必要だと感じました」とクレアさんは言いました。

夫婦は施設にすぐに連絡をして、バーナビーを病院に迎えたいと伝えました。もちろんスタッフ達は、バーナビーのためにすぐに返事を返したそうです。

そして、バーナビーは車に乗って、新しい家へと向かいました!

車に乗る猫

バーナビーがエドさんのオフィスに着くと、病院で働く全てのスタッフが恋をしました。バーナビーはずっとそこで暮らしていたかのように病院内を歩き回り、すぐに病院のボスとしての役割を引き受けたのです。

「バーナビーはいつも私達をチェックしています。ある日、私が床を掃除しているのをじっと見つめてきて、埃が残ってないかを確認してきました。そして、診療時間が終わると膝の上に乗ってきて、書類のチェックを始めたのです」と獣医のレイチェルさんは言いました。

抱っこされる猫

「私達はバーナビーに抗生物質を与えて、彼の状態を改善しています。彼は少しずつ体重が増えてきて、全身の毛にもツヤが戻ってきました。」

「バーナビーは老猫用のご飯が大好きで、定期的にブラッシングを楽しんでいます。彼はまだたくさんの抗生物質を服用していますが、彼の口から不満が漏れたことは一度もありません。」

抱きつく猫

バーナビーは多くの健康問題を抱えていて、毎日獣医さんのケアを必要としていました。そのためバーナビーとエドさんとの出会いは、最高の出会いだったのです。

「バーナビーは私達にとって『飼い猫』以上の存在です。彼は夫や病院のスタッフ達に愛されていて、ここでの暮らしをとても気に入っています」とクレアさんは言いました。

時々バーナビーは食欲がなくなることがありますが、スタッフ達はスプーンを使いながら、バーナビーが食べやすいようにご飯を運び、一緒にビタミンなどを与えているそうです。

持たれる猫

「バーナビーの瞳孔は膨張していて、あまりモノが見えなくなっています。でも彼は他の感覚で視力を補いながら、みんなに愛情を届けているのです。」

「私達の目標はバーナビーを健康に保ち、残りの人生を幸せに過ごしてもらうことです。彼は長い間辛い経験をしてきて、生きることの大変さを知っています。しかし、今は獣医のお父さんやスタッフ達に囲まれて、毎日に大きな幸せを感じているようです」とクレアさんは嬉しそうに話してくれました。

ハグ猫

こうして15歳で保護されたバーナビーは、自分にピッタリの家を見つけることができました。バーナビーがこれからどのくらい生きられるかは分かりませんが、たくさんの家族に見守られながら、最期を迎える瞬間まで幸せに暮らしていくことでしょう。

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう