人生に、もふもふを。

ヘリコプターの中から出られなくなっていた子猫。優しい兵士が機体の一部を取り外し、子猫を無事に助け出す! (9枚)

0

ある日、アメリカ陸軍が所有するヘリコプターの内部から、幼い子猫が出られなくなっていました。どうやら子猫は安心できる場所を求めて、小さな隙間から入り込んでしまったようです。

「私達のNPOでは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ退役軍人のために、映画制作のワークショップを通して心のケアを行なっています。この日はニューヨーク州のフォート・ドラムでワークショップを行っていました」とニコルさんは話しました。

ヘリコプターの中の子猫

「私達がワークショップの準備をしている最中に、生徒とインストラクターの兵士がコブラ(ヘリコプター)の中で動けなくなっている子猫に気づいたのです。」

顔を出す子猫

兵士達は子猫がお腹を空かせていると感じ、すぐにミルクを飲ませました。

子猫を助け出す

その後、機体の横にあるアクセスパネルを開けましたが、子猫を保護することができませんでした。

取り出し口を開ける

そこで機体の一部を取り外すと…

挟まっていた子猫

ついに子猫を救出することに成功したのです!

脱出口の子猫

救出の後、兵士達は子猫を落ち着かせるために、両手で優しく包み込みました。

助け出された子猫

すると人間を怖がっていた子猫は、少し安心した表情に変わったのです。

助け出された子猫

その後、1人の兵士が子猫を自宅に連れて帰り、『コブラ』と名づけました。そして、妻と一緒に獣医さんのところへコブラを連れて行ったそうです。

保護された子猫

こうしてヘリコプターに迷いこんだコブラは、兵士達のおかげで命をつなぐことができました。子猫想いの優しい人達に、拍手を送りたい気持ちでいっぱいです!

新しい家で暮らし始めたコブラは、素敵な家族に囲まれながら、すくすくと成長しているそうです(*´ω`*)

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう