人生に、もふもふを。

散歩中の犬の後を、一生懸命についてきた子猫。保護から1年後の幸せそうな姿に心が温まる (11枚)

0

去年の夏、ジョン・ニーナバーさんが愛犬と一緒に散歩をしていると、小さな迷子の子猫が駆け寄ってきて、愛犬の後を一生懸命についてきました。

犬の後をついてくる子猫

「私は夫と共にオハイオ州クリーブランドに住んでいるのですが、この地域にはたくさんの野良猫が住んでいます。その日、私達は愛犬と一緒に散歩をしていたのですが、途中から野良の子猫が参加してきました」とレスリー・ニーナバーさんが言いました。

犬と子猫

「子猫はフェンスの隙間から顔を突き出して、私達の方に駆け寄ってきました。子猫は全く逃げようとしなかったため、私達の家に来る決心がついているのだろうと感じました。」

子猫が道路の端までついてきた時、レスリーさんは子猫を保護することに決めたそうです。

散歩の様子はこちら。

夫婦は子猫に『ピノ』と名づけました。

「私達がピノを連れ帰った時、彼の全身は汚れていて、とてもお腹を空かせていました。私はすぐに身体を綺麗に洗って、ご飯を食べさせました。」

夫婦の家にはすでに3匹の猫と1匹の犬がいたため、レスリーさんは妹のサラさんにピノを引き取ってもらおうと考えました。サラさんはとても猫好きだったため、大切に育ててくれると思ったのです。そして翌日、サラさんがピノを迎えに来ました。

迎えられた子猫

「ピノとは1日しか一緒にいませんでしたが、彼を手放すのはとても辛いことでした。彼は生きるために私達を必死に追って来た勇敢な子猫で、彼は私が今まで見た中で一番可愛い子猫でした。私は彼の成長をずっと見続けたいと思ったので、妹が引き取ってくれたことにとても感謝しています。」

一方、ピノを引き取ったサラさんも、ピノに一瞬で恋をしました。サラさんはピノを獣医さんのところへ連れて行き、ピノを元気に戻したそうです。

抱っこされる子猫

「ピノは早速、家の中でたくさんのイタズラを始めました。また、ピノの趣味は家の窓から鳥を見ることだそうです。」

遊ぶ子猫

ピノは家族に愛らしい姿をたくさん見せてくれました♪

箱の中の子猫

特にピノは箱に入るのが大好きで、子猫用のベッドが必要ないくらいだそうです♪

箱好き猫

そして、1年後。
ピノはすっかり大人の猫に成長しました! もちろん今でも窓の外を眺めるのが大好きです。

外を見る猫

ピノは思わず触りたくなるほどのモフモフの塊になりました♪

ヘソ天猫

「獣医さんのところに行った時、ピノにメインクーンの血が混ざっているようだと言われました。彼は今も野生的な部分を持っていて、時々廊下の曲がり角に隠れて飛びかかる準備をしています。」

ピノはとても好奇心が旺盛で、賢い猫に育ちました。時々キッチンの戸棚を開けて、中のものを調査しているそうです。

見上げる猫

手の平サイズだった子猫は、家族に愛情をたっぷりと注がれて、こんなに大きく成長することができました。

いい表情の猫

あの日、お腹を空かせていたピノは、散歩中の犬の後を一生懸命についてきました。そんなピノの姿がレスリーさんの心を動かし、新しい家を見つけることができたのです。

すっかりモフモフになったピノは、これからも家の中の王様として、幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)

出典:Leslie Nienaber / youtube.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう