人生に、もふもふを。

長い間、引き取り手が現れなかった19歳の老猫。運命的な出会いを果たし、家族みんなに最高の幸せを届ける (8枚)

0

ある日、リサ・ティリーさんと2人の子供(マイケル君とリズさん)は、14年間一緒に暮らしてきたミニチュア・プードルのハーシーとお別れをしました。それから数年後、心の傷が癒えてきた家族は、再び新しい家族を迎えることを決心したのです。

しかし、まさか自分達が高齢の猫に心を奪われるとは思ってもいませんでした。

見てくる猫

家族は地元の保護施設『ハーフォード郡愛護協会』に保護犬を探しに行きました。しかし、家族は保護犬ではなく、保護猫の『ティガー』に目が止まったのです。ケージの中にいたティガーは家族の方へと近づいて来て、嬉しそうに挨拶をしました。

「施設のスタッフ達は、ティガーが飼い主さんに先立たれたことを教えてくれました。ティガーは飼い主さんの親族によって、保護施設へと連れて来られたそうです」とリサさんは話しました。

家族はティガーのことがとても気になり、家に連れて帰ることにしました。「スタッフ達は19歳のティガーが引き取られることに、とても興奮していました。そして、その場にいたスタッフ全員が喜びの声を上げて、『これは素晴らしいニュースだわ!』と興奮気味に私達に伝えてきたのです。」

「私達は引き取ったティガーをペット用品店に連れて行き、彼の頭を箱から出しながら買い物をしました。どうやら彼はそれがとても気に入っていたようです。」

猫と飼い主さん

ティガーは初日から、リサさんの娘のリズさんと強く結びつきました。「ふたりは一緒に宿題や洗濯をし、ネットショッピングやテレビゲームをしました。そして、彼は素晴らしい勉強のパートナーになりました。」

それから数ヶ月後、リズさんがプロム(アメリカやカナダの高校で開催される、学年の最後に行うダンスパーティー)の日を迎えました。

猫とパーティー

その日、リズさんはダンス相手のジョーダン君と写真を撮影していたのですが、そこには何かが足りないと感じていました。それは最愛のティガーでした。

猫と変顔

リズさんはティガーを抱っこしながら、素敵な写真をいくつも撮りました。ちなみにティガーは白黒模様だったため、ティガー用にタキシードを用意する必要はなかったそうです(*´ω`*)

猫と女性

「私達はその日、この6ヶ月の間で一番楽しい時間を過ごしました! 私達はティガーとの思い出をたくさん残そうと、家族みんなで1枚の絵を描きました。」

猫の絵

「私達は毎日、ティガーをとても甘やかしています。もうすぐ20歳を迎えるティガーですが、彼はいつも元気で、年齢を全く感じさせません。私達はこれからもティガーと一緒に、誕生日やハロウィン、クリスマスやバレンタインなどの記念日に、たくさんの思い出を残していきたいと思っています。」

ティガーは来月末に20歳を迎えるそうですが、今から誕生日会が待ち遠しいそうです♪

座る猫

「ティガーはあの日、私達のことを選んでくれました。そして今、私達はティガーに恋しています。」

見つめる猫

こうして引き取り手を待っていたティガーは、素敵な家族を見つけることができました。これからもティガーは大好きな家族と共に、素敵な思い出をたくさん作っていくことでしょう(*´ω`*)

出典:Lissa Tilley / facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう