人生に、もふもふを。

「あまりにも愛情を求め過ぎる」と言われ、5回も保護施設に戻された猫。ついに夢のような里親さんが現れて… (7枚)

0

猫の『ジェームズ・ビーン』の人生は、決して平坦なものではありませんでした。何人もの里親さんに拒否され、その都度、保護施設へと戻されたのです。

横になる猫

「ビーンは『あまりにも愛情を求め過ぎる』という理由で、5回も保護施設に戻されました。そして最後に私の家にやって来たのです。それから2年が経ちますが、ビーンは私が知っている猫の中で、一番愛情深い猫です」と飼い主の男性(@ncarbell)は言いました。

ビーンを引き取った日、男性はビーンが5回も保護施設に戻された理由が分かりませんでした。「ビーンは普通の猫と同じように、私の家に来た時はとても臆病な猫でした。」

くつろぐ猫

ビーンは家の隅々まで探索して、寝心地の良いベッド、身を隠せるテーブル、洗濯バスケットが大好きになりました。そしてビーンはこの家が、とても居心地の良い場所だと感じたのです。

箱に入る猫

すると、今まで大人しかったビーンの様子が180度と変わりました。身体をグイグイと飼い主さんに擦りつけ始めて、気を引くような行動をとるようになったのです。ビーンがずっと望んでいたのは、信頼できる飼い主さんからの愛情でした。

ヘソ天猫

ビーンは大好きな洗濯バスケットを支配し、自分のものにしました。

ギュウギュウの猫

また、ビーンは男性のあらゆる行動を監視し、常に愛情を要求してくるようになったのです。ビーンは一日中、男性のいる場所から離れなくなりました。

「私が仕事をしているときは、いつもビーンの強い視線を感じています。」

寝転がる猫

「ビーンが家に来てから2年が経ちますが、常に私のいる場所が、彼のお気に入りの昼寝スポットになっています。私はとっても甘えん坊の彼を、心から愛しています。」

くつろぐ猫

こうして『あまりにも愛情を求め過ぎる』と言われたビーンは保護施設に5回も戻された後、ついに生涯の家を見つけることができました。そこはビーンの要求を全て叶えてくれる、夢のような場所だったのです♪

きっとこれからもビーンは、飼い主さんに思いっきり甘えながら、充実した毎日を過ごしていくことでしょう(*´ω`*)

出典:reddit.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう