人生に、もふもふを。

野良猫の親子を保護するために、2ヶ月以上かけた男性。ついに信頼関係を築き、家に迎えると… (8枚)

0

ある日、若い男性(@calio88)が古い納屋の近くで、野良の母猫と4匹の子猫を見つけました。しかし、完全に野生で育った親子はなかなか人間に懐かず、身体を触れさせてくれるまでに2ヶ月以上もかかったのです。

野良猫達

「私は自宅近くの古い納屋から4匹の子猫を保護しましたが、彼らと信頼関係を結ぶまでに多くの時間がかかりました」と男性は言いました。

こちらは親子と初めて出会った日の様子です。

子猫達

男性は自宅に子猫を入れるために、毎日少しずつご飯の容器を家に近づけていきました。そしてついに、子猫達を玄関まで誘うことに成功したのです!

家に入ってきた猫

しかし、母猫の方は野生での生活が長く、自宅に入ろうとしなかったため、今まで通り外で世話をすることにしたそうです。また、男性は不幸な猫が増えないように、母猫を捕獲器で捕まえ、獣医さんのところで避妊手術を行いました。

猫の親子

「その後も母猫は納屋で暮らしています。彼女は毎晩、食事のために玄関を訪れます。家の中で暮らす子猫達は、時々窓辺からお母さんの姿を見ています。」

外を見る猫

家で暮らし始めた4匹の子猫、すぐに家での生活に適応しました。男性は自宅で暮らし始めた子猫達にそれぞれ『ドリー』、『ロイド』、『ミッシー』、『ピーケー』と名づけたそうです。

丸くなる猫

家での暮らしに満足した4匹の猫は、家の中を完全に支配しました。そして、今ではすっかり家の中の王様になったそうです。

休憩猫

「母猫は完全に野生化していて、家族にするのはとても難しいです。でも、私が彼女にご飯を食べさせている時に、身体を触らせてくれることがあります。まだまだ多くの時間がかかると思いますが、もし彼女と信頼関係を結ぶことができたら、家族に迎えたいと考えています。」

見つめる猫

こうして納屋の近くで発見された子猫達は、男性の家で暮らし始め、すっかり家猫になりました。母猫も少しずつ男性を受け入れているようなので、再び親子で一緒に暮らす日が訪れるかもしれませんね。

出典:imgur.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう