人生に、もふもふを。

迷子の子猫を家に迎えるつもりがなかった女性。しかし、子猫は別の計画を持っていました… (5枚)

0

今から2ヶ月前のこと、オーストラリアに住む家族が自宅近くで野良の子猫を見つけ、地元の動物病院に連れて行きました。獣医さん達はすぐに子猫のマイクロチップを探しましたが、結局見つからなかったそうです。

「子猫は全身にノミがついていました。子猫はとてもフレンドリーで、すぐに私達に懐いてきました。子猫は家猫の可能性もあったため、私達は飼い主さんを探し始めました」と動物病院で看護師をしている女性(@Wrenegade93)が言いました。

抱っこされる子猫

動物病院のスタッフ達は、動物保護団体に子猫の飼い主さんを探してもらったり、地元のSNSコミュニティーに子猫の情報を投稿したりしました。

しかし、そんなスタッフ達の行動とは裏腹に、子猫は別の計画を持っていたようです。子猫は看護師の女性が大好きになり、毎日 ”かまってアピール” をして来るようになったのです。

手に乗る子猫

「私は最初、子猫に心を奪われないようにしていました。でも、子猫の愛らしい姿に完全に負けてしまいました。」

実は今から2年前に、女性は最愛の猫を亡くしていました。その時の悲しさがずっと残っていたため、猫との暮らしを拒否し続けてきたのです。しかし、2年という歳月が、女性の気持ちに少しずつ変化をもたらしていました。

スリスリする子猫

結局、数週間待っても子猫の飼い主さんが現れなかったため、女性は子猫を家族に迎える決心をしました。

「子猫は私と一緒に帰宅しました。子猫の大好きな場所は、私のベッドの下の箱です。子猫はたくさん伝えたいことがあるようで、いつも可愛い声で話しかけてきます。」

見つめる子猫

女性と子猫に『ウィロー』と名づけました。新しい家が気に入ったウィローは、さっそく家の中の王様になったそうです♪

ペロペロ子猫

こうして街中で保護されたウィローは、連れて来られた動物病院で、看護師の女性に猛アプローチを始めました。そして、その愛らしい姿は女性の硬くなっていた心を完全に溶かしたのです。どうやらふたりの出会いは、運命の出会いだったようです(*´ω`*)

これからもふたりはお互いに愛情を注ぎ合いながら、幸せな生活を送っていくことでしょう♪

出典:reddit.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう