人生に、もふもふを。

冬の間、野良猫に自宅を開放した男性。猫を外に戻してあげると、1ヵ月後に家の中を覗いてきて… (3枚)

0

ある寒い日のこと、1人の男性(@WOLVESintheCITY)がとても寒そうな野良猫を見つけました。可哀想に思った男性は野良猫を保護すると、寒い期間だけ家の中に入れてあげることにしたのです。

「私は冬の間、近所の野良猫を保護し、暖かくなった時に外に出してあげました。それからしばらく彼の姿を見ていませんでしたが、ちょうど1ヵ月後、私はドアの外に彼の姿を見つけたのです!」

家の中を覗く猫

「私は彼を5ヵ月間保護していたのですが、その間にとても親しくなりました。私は1ヵ月ぶりに訪れた彼を家の中に招き入れようとしましたが、私がドアに近づくと彼は走り去って行きました。もしかすると彼は、再び家の中に ”閉じ込められる” と思ったのかもしれません…(^_^;)」

男性は猫に『ゼロ』と名づけました。ゼロは家の中にいる時に、自分とよく似た『ピザ』と友達になったそうです。写真の左がピザで、右がゼロです。

まったりくつろぐ猫

「私が初めてゼロに会ったのは、私の婚約者がゴミ出しをしている時でした。彼女は家の外を歩くゼロをピザと勘違いし、興奮しながら私に電話をかけてきたのです。でもその時ピザは、私の膝の上で眠っていました(*´ω`*) 今でもその時のことは忘れられません。」

その後、男性はゼロのことを『シャドー』と呼んで、世話をしている家族がいることを知りました。「ゼロは屋外での暮らしが気に入っているようです。これからも彼は複数の家族に見守られながら、自由に生きていくことでしょう。」

家の中を覗く猫

「私は彼のためにいつでも家を開放するつもりです。そして、彼が家の中と外を自由に行き来できるようになればと思っています。」

きっとゼロも暖かい家を提供してくれた男性に、とても感謝していることでしょう。もしかすると次の冬には、ゼロの方から男性の家に入ってくるかもしれませんね♪

出典:reddit.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう