人生に、もふもふを。

訪れた保護施設で、”家を見つけるのが最も難しい猫” を求めた女性。1年以上もケージの隅に隠れていた老猫を迎えると… (5枚)

0

ある日、22歳の猫好きの女性、マドレーンさんが動物保護施設を訪れました。マドレーンさんはこの2年間で様々な悲しい出来事を経験してきました。そのためマドレーンさんは心の隙間を埋めるために、猫を探しに来たのです。

しかし、マドレーンさんは普通の子猫や猫を望んでいませんでした。

見つめる猫

「彼女は2人の友人と父親を失いました。また、彼女自身も怪我をして、プロのバレエ団を引退しました」とマドレーンさんのお姉さん(@whosthatgirlitsvern)は言いました。

「彼女は悲しみを乗り越えるために、猫を迎えました。」

振り返る猫

施設に着いたマドレーンさんは、まっすぐにスタッフの方へ歩いて行きました。そして、『家を見つけるのが最も難しい猫』を求めたのです。

スタッフはすぐに16歳の老猫『チェスター』を思い浮かべました。

ソファと猫

「チェスターは1年以上も前に、当時の飼い主によって施設に連れて来られた猫でした。それ以来、彼はいつもケージの隅に隠れていたため、1年以上も引き取り手が現れなかったのです。」

マドレーンさんはチェスターに会った瞬間、恋に落ちました。一方のチェスターは臆病な猫でしたが、マドレーンさんに出会うとすぐに変わり始めたのです。

「私とチェスターは一瞬で離れられない存在になりました。私が座る場所を変える度に、彼が後を追って来て、私の膝の上に飛び乗ってきました。私はそれが全く気になりませんでした。私は彼のことが大好きなのだと分かりました」とマドレーンさんは言いました。

見てくる猫

スタッフはマドレーンさんにチェスターが16歳で、あとどのくらい生きられるか分からないことを伝えました。するとマドレーンさんはチェスターを抱きかかえながら「彼はここで死ぬべきではない」と答えました。そして、チェスターが最期を迎える瞬間まで幸せにすることを誓ったのです。

その様子を見ていたお姉さんは、心優しい妹にとても感動したそうです。

飼い主さんと猫

家に着いて5時間後。チェスターは新しい環境にもすっかり慣れ、この家が自分の王国だと宣言しました。そして、大好きなマドレーンさんの膝を、ちょっと偉そうな顔で要求してきたそうです(*´ω`*)

出典:imgur.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう