人生に、もふもふを。

屋根裏の壁の中で、助けを求めて鳴いていた子猫。現場に向かった男性が、コンクリートを切断して子猫を救出! (5枚)

0

先週の木曜日、アリゾナ州フェニックスの住人が、屋根裏から聞こえてくる子猫の声に気づき、すぐに保護団体『アリゾナ愛護協会』に電話をしました。

子猫を助け出した男性

緊急動物医療士のアンディ・ギャロさんは、子猫をすぐに救助できるだろうと考えていました。しかし、実際に現場に行ってみると、子猫がコンクリート壁の隙間に落ちていて、助け出すのにかなりの時間が必要だと分かったのです。どうやら子猫は、母猫に咥えられて屋根裏を移動している時に、細い隙間に落ちてしまったようです。

「私はコンクリートを切断しなければならないと分かり、とても驚きました。これは私が今までに行ってきた救助活動の中でも、何本かの指に入るほどの難しさでした」とアンディさんは言いました。

「私は子猫の命を救うために、どんなことでもする覚悟でした。」

コンクリート

アンディさんがコンクリートを切ると、狭い空間の中に子猫を見つけました。アンディさんは壁の中に手を入れると、埃だらけの子猫を慎重に取り出したのです。

中に入っていた子猫

壁から助け出された子猫はとても安心したようで、アンディさんの腕に抱きつき、すぐに喉を鳴らし始めたそうです。

その後、保護施設に運ばれた子猫は『ギャビン』と名づけられました。ギャビンはとても幼く、現在は施設のスタッフが2〜3時間おきにミルクを飲ませているそうです。

助け出された子猫

こうしてギャビンは無事にコンクリートの壁から出ることができました。暗くて狭い場所からアンディさんに助け出された時は、どれほど嬉しかったことでしょう。

子猫と男性

幼い命が助かって本当に良かった。これからは家猫として、新しい里親さんと一緒に、幸せに暮らしていって欲しいですね。

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう