人生に、もふもふを。

道路脇で病気の子猫を見つけた男性。やっとのことで子猫を保護し、我が子のように育て始めると… (9枚)

0

ある日の早朝、1人の男性(@Jackabone)が仕事に向かう途中で、幼い子猫を発見しました。可哀想に思った男性は、全ての予定を中止して、困っている子猫を助けることに決めました。

抱っこされる猫

「彼は非常に怖がっていたため、車に乗せるまでに30分もかかりました」と男性は言いました。「彼はシャーと威嚇し続けていましたが、途中から息を切らし始めました。彼はとても疲れていたようで、ほとんど体力が残っていませんでした。」

ガリガリに痩せた子猫は呼吸器感染症を患っていたため、呼吸するのがとても辛そうでした。また全身はノミに覆われていて、耳にはたくさんのダニがいたそうです。

男性は子猫を家に連れ帰り、すぐに世話を始めました。スポイトを使って水と食べ物を口の中に入れて、子猫の体力が回復するのを待ったのです。

ミルクを飲む子猫

「彼は大人しく耳の掃除をさせてくれました。彼はとても疲れていて、保護された日はほとんど眠って過ごしました。私は眠っている彼を毛布で包みながら、身体が冷えないように抱いていました。」

耳掃除子猫

「また、彼は一生懸命に鳴こうとしましたが、ほとんど声を出すことができませんでした。」

見上げる子猫

男性は子猫のために暖房パッドと毛布でベッドを作りました。子猫はそのベッドをとても気に入ったようで、幸せそうな姿で眠り続けたそうです。

包まれる子猫

3日目になると、子猫は自分で水を飲んだり、柔らかいご飯を食べられるようになりました。そして1週間が経つ頃には、家の中を元気に走り回って、様々なイタズラをするようになったそうです♪

ご飯子猫

男性は元気になった子猫に『タコス』と名づけました。タコスはいつも窓辺で丸くなって、外の様子を楽しんでいるそうです。

日向ぼっこ子猫

また、男性が木を積み重ねていると、そのお手伝いをしたり…

木と子猫

色々な場所に潜り込んで、狩りのスキルを磨いたりしているそうです♪

草と子猫

タコスはその後もすくすくと成長して行きました。今のタコスの趣味は、午前6時におもちゃのネズミを咥えながら、男性の顔の上を歩くことだそうです。きっと大好きな男性と早く遊びたくてウズウズしているのでしょう♪

どうやらこれから先もずっと、タコスの幸せな生活は続いて行きそうですね(*´ω`*)

出典:imgur.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう