人生に、もふもふを。

ボロボロにやつれた姿で、庭のポーチに現れた老猫。優しい人達のおかげで、美しい姿を取り戻す (7枚)

0

ある日、老猫の『オジー』がポーチで休んでいるところを発見されました。オジーは以前、どこかの家で暮らしていた猫でしたが、飼い主がほとんど面倒を見ていなかったため、病気になり、見放されてしまったそうです。

外で暮らし始めたオジーは、先の見えない日々を送っていました。

やせ細った猫

15歳のオジーは非常にやせ細った姿で発見されました。

「彼をポーチで見つけた時、驚くほどやつれていて、一目で病気だと分かりました。彼の毛はところどころ抜け落ち、全身の毛が絡み合っていました。彼は衰弱しきっていて、歩くことさえ辛そうでした。」

家の住人はオジーを保護すると、地元の保護施設『アニマル・アドボケート・ソサイエティー』へと連れて行きました。

診察される猫

施設のスタッフが絡み合った毛を剃ると、早速オジーに必要な治療を始めました。

「オジーは血液検査で、甲状腺機能低下症に陥っていることが分かりました。これは甲状腺機能亢進症(甲状腺内組織の活動が異常に活発になる病気)を放置していたために起こりました。オジーが薬を服用すると、体重が増え始め、活発に動き回るようになりました」と施設のスタッフは言いました。

抱っこされる猫

また、オジーは疥癬(かいせん。ヒゼンダニの寄生による皮膚感染症)を患い、全ての歯を治療する必要がありました。しかし、そんな大変な状況にも関わらず、オジーはスタッフに優しく接し、愛情と抱擁を求めてきたのです。

「私達は年老いた動物や重病の動物を引き取り、施設の中で一生涯面倒を見ています。オジーはそんな施設で暮らす動物の中のひとりです。ここでは経験豊かなスタッフ達が問題を抱えた動物達の世話を続けています。」

犬と猫

オジーは病気を治すために、何ヶ月間も治療を続けてきました。そのおかげでオジーの顔は輝きを取り戻し、全身に柔らかい毛が戻ってきたのです。

オジーは今、愛されていることに喜びを感じています。

見上げる猫

「オジーは手術の後、まるで子猫のように動き回るようになりました。また、毎日ご飯をたくさん食べて、みるみるうちに体重が増えていきました。今ではすっかり元気を取り戻しました」とオジーの養育主さんが言いました。

「オジーはいつも私の後を追いながら、元気に話しかけてきます。彼は私と一緒にソファーに座り、毛布で温まるのが大好きです。彼はとっても甘えん坊で、私が撫でるのを止めると、私の手を触りながら、愛らしい表情でおねだりをしてきます。」

いい表情の猫

現在、オジーの全身は美しいフワフワの毛で包まれています。オジーは15歳の老猫ですが、心の中はまだまだ子猫のようです。

そんなオジーのそばにはいつも優しい家族がいて、オジーが甘えたくなった時は、いつでも愛情いっぱいのハグが待っているのです(*´ω`*)

もふもふの猫

こうしてボロボロの状態で発見されたオジーは、優しい人達のおかげで元気を取り戻すことができました。すっかり生まれ変わったオジーの姿に、胸が熱くなりますね。

これからもオジーは暖かい家の中で、大好きな家族に甘えながら、幸せに年齢を重ねていくことでしょう。

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう