人生に、もふもふを。

ある日突然、自宅から姿を消した猫。4年後に4300kmも離れた場所でまさかの発見! (7枚)

0

今から4年前のこと。アメリカのカリフォルニアに住むアシュリー・アレマンさんの家から猫の『ブーブー』が突然姿を消しました。アシュリーさんは街の中を数ヶ月も探しましたが、結局ブーブーを見つけることができませんでした。

幼い頃の猫

ブーブーはとても冒険好きの猫でした。アシュリーさんの家族はブーブーを発見できませんでしたが、いつか必ず帰ってくると信じていたのです。

子猫と仲良し

こちらが行方不明になる前のブーブーの姿です。ブーブーはオレオという大型犬に育てられた幸せな猫でした。

行方不明になる前の猫

そして、4年後。
家族の元に保護施設『グエルフ愛護協会』から1本の電話が入りました。なんとブーブーがカナダのグエルフの街で発見されたと言うのです!

その街は自宅から4,300kmも離れた場所にありました。北海道の稚内市から沖縄の那覇市までの距離が約3,500kmなので、ブーブーはかなりの距離を移動していたことになります。

保護された猫

ブーブーは親切な住民によって、保護施設に連れて来られました。ブーブーは行方不明になっている間もずっと誰かに世話をされていたようで、健康状態がとても良かったそうです。

保護されたブーブーは、獣医さんのところでマイクロチップが発見されました。その後、施設のスタッフが登録されていた連絡先に電話をすると、アシュリーさんにつながったそうです。

保護された猫

アシュリーさんと家族は、ブーブーがカナダで見つかったことにとても驚きました。

すぐに施設に行きたかった家族ですが、家族はみんなパスポートを持っていなかったため、施設のスタッフがブーブーを車でニューヨークまで送り届けてくれることになりました。そして、アシュリーさんの母親が飛行機でニューヨークへと向かい、4年ぶりにブーブーと再会することができたのです!

家に帰って来た猫

ブーブーがどのようにして4,300kmもの道のりを移動したのかは誰にも分かりませんが、スタッフは「誰かの車の下に潜り込んだか、カナダに引っ越す人が連れて行ったのだろう」と考えているそうです。

いい表情の猫

こうして行方不明になったブーブーは、4年後に予想外の場所で発見され、無事に自宅に戻ることができました。長い旅を終えたブーブーは、再び優しい家族に囲まれながら、まったりとした毎日を送っていくことでしょう♪

出典:facebook.com / @JeremyGlobalTV

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう